搬入状況実績と推移

二ツ塚処分場(エコセメント化施設を含む)には、多摩地域30市町村のうち25市1町の一般廃棄物が搬入されています。令和元年度の搬入量(6万6千立方メートル)はピーク時の平成12年度(15万9千立方メートル)と比べ容量で41.6%と半分以下となっています。 限りある最終処分場を有効に活用していくために、今後とも住民・事業者・行政が力を合わせてごみ減量・リサイクルを進めていくことが必要です。
令和元年度 二ツ塚処分場(エコセメント化施設を含む)搬入状況実績
更新日

1. 廃棄物搬入量の概要について

  • 令和元年度の二ツ塚処分場(エコセメント化施設を含む)へ搬入された不燃残さおよび焼却残さの総量は重量で約7万9千3百トン、容量で 約6万6千立方メートルでした。
  • 前年度実績との比較では、重量で約3百トン(0.4%)減少し、容量では約3百立方メートル(0.5%)の増加となっています。

2. 組織団体別搬入量について

3. 二ツ塚処分場(エコセメント化施設を含む)への搬入量の推移

  • 不燃残さの搬入量については、顕著な減少傾向をたどり、平成30年度からは不燃残さの搬入はありません。
  • 焼却残さの搬入量については、平成25年度以降、ほぼ横ばいで推移していましたが、中間処理施設の灰溶融炉停止等の影響で平成28年度は増加しました。令和元年度については、前年度とほぼ同水準でした。
二ツ塚処分場(エコセメント化施設を含む)への搬入量の推移

◆グラフは、二ツ塚処分場への全量搬入を開始した平成10年度、平成12年度(ピーク時)、平成15年度(開始5年後)、平成20年度(開始10年後)及び直近5年間の搬入実績の推移を示しています。なお、平成10年4月1日から6日までは、谷戸沢処分場も併用しています。

※端数処理の関係で、実際の合計値と異なる場合があります。