広報広聴・情報提供

多摩地域の住民に対して、循環組合の事業について理解と協力を得るとともに、一層のごみ減量化・リサイクルへの意識啓発を図ることを目的に、幅広い広報広聴活動と情報提供を展開しています。

秋の谷戸沢処分場自然観察会について

令和元年11月16日土曜日に開催する「秋の谷戸沢処分場自然観察会」に多くのお申込みをいただき、ありがとうございました。

お申込みは、令和元年10月31日木曜日(必着)で締め切らせていただきました。

抽選結果につきましては、11月7日以降に申込者(代表者)に郵送いたします。
※台風19号の影響により、行先の一部が変更になっております。お送りする通知をご確認ください。

広報活動

多摩地域約400万人の住民に対して、循環組合の活動報告や最終処分場運営の現状・方針などを情報提供し、埋立事業への理解と協力を求めていくために広報・PR活動を実施しています。主な広報施策は以下のとおりです。

  • 『たまエコニュース』の発行
  • 「処分場見学会」の実施
  • 見学者用DVD・パンフレット等の作成
  • 循環組合ホームページの開設
広聴活動

多摩地域におけるごみ処理のあり方や循環組合の事業・活動、さらに広報活動への評価などについて、住民からの率直な意見・要望を聴取する機会として、『たまエコニュース』やホームページでの意見募集、「処分場見学会」でのアンケート調査などを行っています。

その他の情報提供
女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画

計画期間を平成28年度から平成32年度までの5年間とする「女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画」を策定しました。