管理者あいさつ

日の出町の皆様、多摩地域400万人の住民の皆様へ

管理者
 東村山市長 渡部 尚(わたなべ たかし)

 この度、東京たま広域資源循環組合管理者に就任にいたしました渡部 尚でございます。

 はじめに、日の出町の皆様には、多摩地域25市1町、400万人の家庭から出されるごみの最終処分に多大なる御理解と御協力をいただき、心より感謝を申し上げます。

 当組合では、谷戸沢・二ツ塚の両処分場及びエコセメント化施設の管理・運営に当たり、法令をはじめ処分場周辺の皆様と締結した公害防止協定を遵守し、万全な管理体制のもと環境保全に努めています。エコセメント化施設については平成18年7月から稼働させ、焼却灰を全量リサイクルすることで、資源循環を図っています。

 組織団体においても、様々な手法でごみの減量化やリサイクルが進み、二ツ塚処分場に埋め立てていた不燃ごみの量が大幅に削減され、平成30年度以降は埋立処分ゼロを継続しています。

 また、埋立が終了した谷戸沢処分場においては、里山的自然環境の保全に取り組み、里山を代表する国蝶「オオムラサキ」や生態ピラミッドの頂点に位置する「フクロウ」が営巣するほどの豊かな自然環境となっています。

 今後とも当組合といたしましては、処分場等の建設に際し、日の出町の皆様におかけした御苦労を風化させることなく、その思いを引き継いでいくとともに、ごみの最終処分を通じて廃棄物の再資源化・環境への配慮といった、SDGsの取組みを進め、多摩地域400万人の生活を守るべく全力を挙げて取り組んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。