グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > 広報広聴・情報提供 の中の > 夏休み処分場見学会 の中の > 平成29年度 夏休み処分場見学会レポート  のページです。

広報広聴・情報提供

平成30年度 夏休み処分場見学会レポート

「夏休み処分場見学会」を7月31日(火)、8月10日(金)と24日(金)に実施し、親子64組を含む194名の方々にご参加いただきました。

各施設で説明員の話に、熱心に耳を傾けている参加者の姿や、谷戸沢処分場での昆虫観察で、笑顔あふれる子どもたちが元気に虫たちを追いかける姿が印象的でした。

今年度は募集人数以上の応募がありました。参加できなかった方には大変申し訳ございませんでした。来年度も開催する予定ですので奮ってご応募ください。

見学会のコース

集合(※1)

中間処理施設見学(※2)

日の出つるつる温泉で昼食

二ツ塚処分場(エコセメント化施設、処分場外周見学)

谷戸沢処分場見学

日の出町ふれあい農産物直売所

集合場所に戻り解散

7月31日(火):(※1)JR西国分寺駅付近(※2)東村山市秋水園
8月10日(金):(※1)立川北口公園(※2)西多摩衛生組合・羽村市リサイクルセンター
8月24日(金):(※1)JR武蔵小金井駅付近(※2)多摩川衛生組合

参加者の声

参加された方々からアンケートで以下のような声がありました。

  • 毎日出る大量のごみの行方を知っておくことは大切なことだと思った。(50代)
  • 分別する作業員のご苦労を思うと、各家庭でしっかり分別することの大切さが分かりました。(60代)
  • ゴミを少しでも減らす努力の重要性を再認識する機会となりました。(40代)
  • 処分場で働いている人の苦労を知りました。その苦労を少しでも減らすためにも分別などをしっかりやろうと思いました。(小学生)
  • 学校でならったこと以外にも、たくさん詳しく知れたので、とても良いけいけんになりました。(小学生)
  • ごみの処理が今、こんなに進んでいたことが知らなかったので、とても勉強になりました。(小学生)
東村山市秋水園
職員の説明を熱心に聞き入る参加者
西多摩衛生組合
大きなクレーンに驚く参加者
多摩川衛生組合
職員の説明を受ける様子
谷戸沢処分場
谷戸沢環境指導員から虫の解説を受ける様子
 


ローカルポリシーナビゲーションです。
広報広聴・情報提供 トップ
たまエコニュース
ご意見・ご質問
裁判レポート
すでに確定した裁判
その他の訴訟
二ツ塚処分場の土地収用・代執行の経緯【PDF:11KB】
夏休み処分場見学会
災害廃棄物の受け入れ
多摩川衛生組合関連
住民監査請求
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ