グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > 広報広聴・情報提供 の中の > 女川町災害廃棄物焼却灰の受け入れ終了について  のページです。

広報広聴・情報提供

女川町災害廃棄物焼却灰の受け入れ終了について

循環組合では、被災地の復興を支援するため、日の出町および地元自治会・対策委員会のご理解を得て、多摩地域7カ所の清掃工場で焼却した災害廃棄物(宮城県女川町の災害廃棄物の一部)の焼却灰を平成24年6月より受け入れてきましたが、当初の予定どおり、平成25年3月の搬入をもって終了となりました。

なお、安全性については、災害廃棄物を搬出した宮城県女川町、受け入れた多摩地域の清掃工場、焼却灰を受け入れた循環組合でそれぞれ放射能測定を行い、確認しています。

環境データ

皆さまのご理解とご協力に感謝申し上げます。

女川町災害廃棄物焼却灰の受入実績

清掃工場名受入期間焼却灰受入量
西多摩衛生組合 環境センター平成24年6月11日〜平成25年3月22日126.37トン
日野市クリーンセンター平成24年6月15日〜平成25年3月15日106.00トン
多摩ニュータウン環境組合 多摩清掃工場平成24年7月11日〜平成25年3月15日105.74トン
柳泉園組合 柳泉園クリーンポート平成24年9月10日〜平成25年3月22日155.62トン
多摩川衛生組合 クリーンセンター多摩川平成24年10月2日〜平成24年12月29日31.29トン
町田市 町田リサイクル文化センター平成24年11月1日〜平成25年3月22日28.40トン
八王子市 戸吹清掃工場平成25年1月9日〜平成25年2月28日57.56トン

ローカルポリシーナビゲーションです。
広報広聴・情報提供 トップ
たまエコニュース
ご意見・ご質問
裁判レポート
すでに確定した裁判
その他の訴訟
二ツ塚処分場の土地収用・代執行の経緯【PDF:11KB】
夏休み処分場見学会
災害廃棄物の受け入れ
多摩川衛生組合関連
住民監査請求
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ