多摩地域最大級のメガソーラー施設が稼働!
〜日の出町谷戸沢廃棄物広域処分場内〜

東京たま広域資源循環組合では、再生可能エネルギーの活用による環境保全の取組を一層進めるとともに、埋立が完了した日の出町谷戸沢廃棄物広域処分場の有効利用を図るため、同処分場に多摩地域最大級のメガソーラー施設(注)が平成29年10月1日(日)より稼働しました。

施設概要

出力 約2メガワット(約2MW = 約2,000kW)・・・多摩地域で最大級
※年間発電量は、約500世帯の一般家庭の電気使用量
事業箇所 日の出町谷戸沢廃棄物広域処分場のうちU期エリア
発電期間 20年間(平成29年10月1日から平成49年9月30日まで)
事業方式 循環組合が事業主体となり、設置から維持・管理までを一括したリース契約とする包括リース方式
包括リース事業者 大和リース株式会社(共同提案者 JESCO CNS株式会社)

(注):出力が1メガワット(1MW = 1,000kW)以上の大規模太陽光発電施設

開所式

開催日 平成29年10月1日(日)
場所 谷戸沢記念館前にて
主な来賓 日の出町長、日の出町副町長、日の出町議会議長、日の出町議会議員、環境影響評価委員長、監視委員会委員長、地元自治会の皆さま
次第
  1. 開会の辞
  2. 管理者挨拶
  3. 包括リース事業者代表挨拶
  4. 来賓祝辞
  5. 来賓ご紹介
  6. テープカット
  7. 点灯式(発電開始)
  8. 閉会の辞
  9. 施設見学

テープカット

施設見学


閉じる
ページトップへ