グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > 環境保全 の中の > 自然環境の保全・創出 の中の > 谷戸沢処分場 営巣したフクロウの様子 の中の > 平成29年 フクロウ巣箱の様子  のページです。

環境保全

平成29年 谷戸沢処分場 フクロウ巣箱の様子

今年もフクロウが戻ってきました

※画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

撮影日時:平成28年9月1日 10時45分
昨年の夏、ムササビが子育てをするために巣箱を利用していました。(左で寝ているのがお母さんムササビです)

撮影日時:平成29年2月15日 5時45分
フクロウは定期的に巣箱を見回りに来ていました。

平成29年2月23日23時53分

撮影日時:平成29年3月12日
フクロウの羽根が落ちています。

撮影日時:平成29年3月13日
この日の5時頃から、抱卵が始まりました。

撮影日時:平成29年3月14日
フクロウはカメラが気になる様子?

撮影日時:平成29年3月17日

撮影日時:平成29年3月20日
卵の位置を変えています。

撮影日時:平成29年3月21日
今年の卵は1個のようです。

撮影日時:平成29年3月22日
昨晩、オスのフクロウが届けたエサ(アカネズミ?)が、足元に置いてあります。

撮影日時:平成29年3月22日
ひとくちで飲みこんだようです。

撮影日時:平成29年3月24日
定期的に卵の位置を変えているようです。

撮影日時:平成29年3月25日
昼も夜も、卵を温め続けます。

撮影日時:平成29年3月26日

撮影日時:平成29年3月29日
カメラがずれてしまったようです。

撮影日時:平成29年3月31日

撮影日時:平成29年4月2日
フクロウの右下に見えるのは、エサになったシジュウカラのようです。

撮影日時:平成29年4月3日
かわいい顔をしていますが、猛禽類(もうきんるい)の鳥です。

撮影日時:平成29年4月7日
羽根が巣箱内に散乱していますが、谷戸沢処分場でフクロウに捕獲された小鳥のものでしょうか?

撮影日時:平成29年4月11日
捕えられたシジュウカラが左側に見えます。

撮影日時:平成29年4月12日
捕えられたアカネズミ(?)が右上に見えます。

撮影日時:平成29年4月12日
まだ、孵化(ふか)していないようです。

撮影日時:平成29年4月13日
中型の鳥が捕えられたようです。ここ数日、エサが巣箱内で確認できています。
フクロウのヒナがいつ孵化してもいいように、エサを蓄えているのでしょうか?

撮影日時:平成29年4月14日
左下に捕えられたメジロと、白い卵の「かけら」のようなものが見えます。ヒナがかえったのでしょうか?

撮影日時:平成29年4月16日
母親フクロウは常に足元を気にしている様子です。

撮影日時:平成29年4月18日
ヒナが右側から顔を出しています。

撮影日時:平成29年4月18日
今日は気温が上昇したので、暑くてのびている様子です。

撮影日時:平成29年4月21日
ヒナの姿が見えました。母親フクロウの頭の上にアゴをのせています。

撮影日時:平成29年4月23日
もう少しで目が開きそうな感じです。

撮影日時:平成29年4月25日
右下でヒナが羽を広げています。ずいぶんと大きくなっています。

撮影日時:平成29年4月27日
ヒナの目が開いています。外が気になるのか、母親と巣箱の出口を眺めています。

撮影日時:平成29年4月27日
ヒナは母親の羽根に包まれてエサをもらっています。

撮影日時:平成29年4月28日
ヒナが大あくび中。


ローカルポリシーナビゲーションです。
環境保全 トップ
環境データ
廃棄物処理施設の維持管理情報等(谷戸沢処分場)
廃棄物処理施設の維持管理情報等(二ツ塚処分場)
廃棄物処理施設の維持管理情報等(エコセメント化施設)
谷戸沢処分場公害防止協定に基づく水質等調査結果
二ツ塚処分場公害防止協定に基づく水質等調査結果(二ツ塚処分場)
二ツ塚処分場公害防止協定に基づく水質等調査結果(エコセメント化施設)
ダイオキシン類調査
谷戸沢処分場生態モニタリング調査
自然環境の保全・創出
環境保全意識の啓発
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ