グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > 環境保全 の中の > 自然環境の保全・創出  のページです。

環境保全

自然環境の保全・創出

循環組合は、貴重動植物の保全活動として、処分場敷地内の残留緑地や水辺で、動植物の貴重種保全に努めています。また、良好な自然環境の創出のために、埋立地を自然に戻し、残っている林野もより自然に近づける努力をしています。

貴重動植物の保全

処分場敷地内の残留緑地や水辺で、動植物の貴重種保全に努めています。処分場内でトウキョウサンショウウオ、タゴガエル、モリアオガエルなどの動物保全措置、カンアオイ、エビネ、ハカタシダなどの植物保全措置をしました。

モリアオガエル 写真

モリアオガエル

カンアオイ 写真

カンアオイ

 

良好な自然環境の創出

埋立地を自然に戻し、残っている林野もより自然に近づける努力をしています。
谷戸沢処分場にビオトープを創出しました。また、埋立地は草原にして、自然回復を見守っています。
二ツ塚処分場では、針葉樹の多い残留緑地を広葉樹と針葉樹の混じった混交林に転換するよう、間伐や下草刈りを実施し、広葉樹の植樹も行いました。

谷戸沢処分場のビオトープ

平成16年4月に設置された谷戸沢処分場のビオトープの一部(沼地部分)です。ホオジロ、ノビタキなどの鳥や、ショウジョウトンボ、ミヤマアカネなど多くのトンボ類、キンエノコロ、タカサゴユリなど植物も観察できます。

ビオトープ 写真

処分場で育まれる生態系・自然環境


谷戸沢処分場で、「カヤネズミ」が冬に地表近くに作る「地表巣(ちひょうそう)」が見つかりました。その地表巣を利用するカヤネズミの姿が、初めて撮影できました。

谷戸沢処分場に生息するふくろうが平成28年2月16日から営巣・抱卵を始めました。
谷戸沢処分場でのオオムラサキの保全平成21年7月に発見された、国蝶オオムラサキの保全活動を行っています。
みなさんの手でオオムラサキを増やしませんか皆さんのまわりでオオムラサキの飛ぶ姿を見てみませんか。

ローカルポリシーナビゲーションです。
環境保全 トップ
環境データ
廃棄物処理施設の維持管理情報等(谷戸沢処分場)
廃棄物処理施設の維持管理情報等(二ツ塚処分場)
廃棄物処理施設の維持管理情報等(エコセメント化施設)
谷戸沢処分場公害防止協定に基づく水質等調査結果
二ツ塚処分場公害防止協定に基づく水質等調査結果(二ツ塚処分場)
二ツ塚処分場公害防止協定に基づく水質等調査結果(エコセメント化施設)
ダイオキシン類調査
谷戸沢処分場生態モニタリング調査
自然環境の保全・創出
環境保全意識の啓発
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ