グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > 環境保全  のページです。

環境保全

環境保全

循環組合は、環境保全を中心とした取り組みを推進しています。平成17年度から環境方針を策定し、各事業部門で環境負荷の低減などを実施しています。その結果、谷戸沢処分場では、100種類にも及ぶ絶滅危惧種が確認されるとともに、武蔵野の原風景のような「里山的自然」が再生しています。このような良好な環境を活用して、環境保全意識の啓発などにも力を入れています。

環境報告書2016

環境データ

循環組合では、谷戸沢・二ツ塚処分場の建設・供用について、設計、工事施工、埋め立てなどあらゆる段階において、周辺環境への負荷を可能な限り低減し、環境保全を図っていくことで、常に環境への影響を的確に把握し、適正な保全措置を講じてきました。

自然環境の保全・創出

循環組合は、貴重動植物の保全活動として、処分場敷地内の残留緑地や水辺で、動植物の貴重種保全に努めています。また、良好な自然環境の創出のために、埋立地を自然に戻し、残っている林野もより自然に近づける努力をしています。

環境保全意識の啓発

循環組合は、処分場の敷地を環境学習の場として有効活用し、廃棄物処理の経緯や処分場の現状などを学習していただけるように、谷戸沢記念館を整備、環境指導員制度を導入し、自然の大切さを学んでいただく機会を提供しています。


ローカルポリシーナビゲーションです。
環境保全 トップ
環境データ
廃棄物処理施設の維持管理情報等(谷戸沢処分場)
廃棄物処理施設の維持管理情報等(二ツ塚処分場)
廃棄物処理施設の維持管理情報等(エコセメント化施設)
谷戸沢処分場公害防止協定に基づく水質等調査結果
二ツ塚処分場公害防止協定に基づく水質等調査結果(二ツ塚処分場)
二ツ塚処分場公害防止協定に基づく水質等調査結果(エコセメント化施設)
ダイオキシン類調査
谷戸沢処分場生態モニタリング調査
自然環境の保全・創出
環境保全意識の啓発
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ