グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > エコセメント事業 の中の > エコセメント事業の目的  のページです。

エコセメント事業

エコセメント事業の目的

エコセメント事業の3つの目的

  1. 多摩地域のリサイクルをさらに進めます。
    埋め立てていた焼却灰をセメントの原料として再生利用します。リサイクル先進地域・多摩のリサイクルをさらに進めます。
  2. 二ツ塚処分場を長く有効に活用します。
    事業の実施によって埋立処分は不燃ごみだけになり、二ツ塚処分場の使用期間を大幅に伸ばすことが可能となります。
  3. 安全な埋立対策をさらに進めます。
    埋め立てていた焼却灰をリサイクルすることによって、より安全な埋め立てを進めていきます。

「エコセメント」ってなんだろう?

エコセメント「エコセメント」とは、ごみを燃やした後に残る焼却灰を原料としてつくる新しいタイプのセメントです。
焼却灰は、セメントに必要な成分を多く含んでいるので、原料として利用できるのです。エコセメントは、エコロジーの“エコ”と“セメント”を合わせて名づけられ、日本工業規格(JIS)に定められた土木建築資材です。

 

なぜ、エコセメント事業が必要なの?

多摩地域(25市1町)では、焼却灰と不燃ごみを二ツ塚処分場に埋め立てていました。しかし、二ツ塚処分場の埋立容量には限界があります。このまま埋め立てを続けていくと、平成25年度には二ツ塚処分場が満杯となり、新たな最終処分場が必要となってしまいます。そこで、焼却灰を埋め立てず、エコセメントとしてリサイクルすることで、処分場の使用期間を大幅に伸ばし、多摩地域のリサイクルをさらに進めることができます。
エコセメント事業により、多摩地域は循環型社会に向かい、大きく前進しています。

*二ツ塚処分場の使用期間は、平成25年度までの予定でしたが、エコセメント事業の開始により大幅に延長となりました。

エコセメントは安全なの?

エコセメントは、開発段階から製品の溶出試験が実施されており、また廃棄物学会においても、酸性雨の影響を考慮した試験を行うなど、安全性に対する確認が行われてきました。
JIS化にあたっても、エコセメントで作るコンクリートなどに対する溶出試験が行われており、製品の安全性が確認されています。

エコセメントは何に使われるの?

エコセメントは、普通セメントと同等の品質を持っているので、普通セメントと同じような分野(土木・建築工事やコンクリート製品等)に使われています。

エコセメントの利用例

よう壁 写真

よう壁

鉄筋コンクリートへの利用 写真

建築物(鉄筋コンクリートへの利用)

道路側溝 写真

道路側溝

 
車止めやベンチ 写真

車止めやベンチ

園路舗装 写真

園路舗装

インターロッキングブロック 写真

インターロッキングブロック

 

ローカルポリシーナビゲーションです。
エコセメント事業 トップ
エコセメント事業の概要
エコセメント事業の目的
エコセメントの製造工程
エコセメント事業の経緯
エコセメント製品の認証制度実施要領
エコセメント製品の利用手引き
環境への配慮
金属産物等の回収
金属澱物の有効活用
優良防火対象物認定について
エコタローについて
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ