グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > エコセメント事業 の中の > エコセメントの製造工程  のページです。

エコセメント事業

エコセメントの製造工程

焼却灰等は、乾燥、鉄・アルミニウム類の回収、粉砕などの前処理を行い、副資材(石灰石、鉄原料)を添加し、エコセメントの原料として調合されます。調合されたエコセメント原料は、焼成してセメントの中間製品であるクリンカになります。これに石こうなどを加えて、粉砕し、エコセメントが出来上がります。
エコセメントの製造工程で発生する排ガスは、排ガス処理設備で適正に処理され、大気放出されます。また、排水は、重金属回収設備で有用な金属産物が回収され、適正に処理した後、下水道に放流されます。

エコセメントの製造工程図

多摩地域廃棄物エコセメント化施設 工程図


ローカルポリシーナビゲーションです。
エコセメント事業 トップ
エコセメント事業の概要
エコセメント事業の目的
エコセメントの製造工程
エコセメント事業の経緯
エコセメント製品の認証制度実施要領
エコセメント製品の利用手引き
環境への配慮
金属産物等の回収
金属澱物の有効活用
優良防火対象物認定について
エコタローについて
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ