グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > エコセメント事業 の中の > エコセメント事業の概要  のページです。

エコセメント事業

エコセメント事業の概要

 
場所 東京都西多摩郡日の出町大字大久野7642番地(二ツ塚処分場内)
面積 施設用地面積
約4.6ha(二ツ塚処分場全体面積 約59.1ha)
施設規模 焼却残さ(注1)等の処理量 約300トン(日平均)
エコセメント生産量 約430トン(日平均)
処理対象物 多摩地域25市1町のごみの焼却施設から排出される焼却残さ、溶融飛灰(注2)
及び二ツ塚処分場に分割埋立(注3)された焼却残さ他
工事の着工 造成工事 平成15年2月
建設工事 平成16年1月
施設の稼働 平成18年7月
事業費 建設費272億円(消費税込み)、維持管理費(計画)約26.4億円/年(消費税込み)
注1 焼却残さ:焼却灰(焼却後の残さ物)及び飛灰(集じん機により捕集された排ガス中のばいじん)
注2 溶融飛灰:灰溶融炉の排ガス中から、集じん機で捕集されたばいじん
注3 分割埋立:埋め立てられた焼却残さの再処理(エコセメント化)を行うため平成12年9月より、焼却残さと不燃ごみをそれぞれエリア分けをして埋め立てを開始

ローカルポリシーナビゲーションです。
エコセメント事業 トップ
エコセメント事業の概要
エコセメント事業の目的
エコセメントの製造工程
エコセメント事業の経緯
エコセメント製品の認証制度実施要領
エコセメント製品の利用手引き
環境への配慮
金属産物等の回収
金属澱物の有効活用
優良防火対象物認定について
エコタローについて
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ