グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > エコセメント事業 の中の > 金属産物等の回収  のページです。

エコセメント事業

金属産物等の回収

循環組合では、焼却残さを原料としてエコセメントを製造する工程において、金属産物等を回収しています。

金属産物等の回収箇所

工程図

<エコセメント化施設における金属産物等の回収について>

1 磁力選別機で鉄を、アルミニウム選別機でアルミニウム類を回収
2 酸・アルカリ浸出処理により、銅・亜鉛・鉛を含む金属産物(人工鉱石)を回収

拡大工程図

金属産物等の回収量

単位:トン

年 度 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27
金属産物 銅澱物 69 75 84 91 96 97 83 69 68 65
亜鉛・鉛澱物 243 382 324 426 386 435 416 452 386 352
鉄・アルミニウム類 959 1,615 1,152 928 1,098 1,202 892 1,030 1,596 1,484
合 計 1,271 2,072 1,560 1,445 1,580 1,734 1,391 1,551 2,050 1,901

〔備考〕金属産物は、搬出時(水分を含む状態)での重量

金属産物等の有効活用

回収した金属産物、鉄及びアルミニウム類は、「多摩地域廃棄物エコセメント化施設整備運営事業に関する運営業務委託契約」に基づき、運営業務受託者が全量引き取り、有効活用しています。


ローカルポリシーナビゲーションです。
エコセメント事業 トップ
エコセメント事業の概要
エコセメント事業の目的
エコセメントの製造工程
エコセメント事業の経緯
エコセメント製品の認証制度実施要領
エコセメント製品の利用手引き
環境への配慮
金属産物等の回収
金属澱物の有効活用
優良防火対象物認定について
エコタローについて
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ