グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > エコセメント事業 の中の > 金属澱物の有効活用  のページです。

エコセメント事業

金属澱物の有効活用

金属澱物(でんぶつ)とは、銅、亜鉛、鉛を含む金属産物を回収した後に生じる絞りかすをいいます。これまで金属澱物は、エコセメントの原料として焼却残さの受入ピットに戻して全量再使用していました。しかしながら、調査・試験の結果、その中に金銀が含まれており、継続的に有効活用できると判断したことから、受入ピットには戻さずに、製錬会社に持ち込んで有効活用を行うこととしました。

金属澱物の回収箇所

金属澱物の回収量等

年度 27
回収量(トン) 155
売却益(千円) 12,591

〔備考〕

1 平成27年8月から金属澱物の売却を開始
2 回収量は、搬出時(水分を含む状態)の重量
3 売却益は税込金額

金属澱物の調査・試験

○調査・試験期間
平成25年4月から平成27年7月まで
○調査・試験参加者
東京たま広域資源循環組合、太平洋セメント株式会社、東京たまエコセメント株式会社、三井金属鉱業株式会社、八戸製錬株式会社
○金属澱物中の金及び銀の含有率(平成26年度実績)
備考
84ppm 5,045ppm 搬出時(水分を含む状態)の平均値

(注)1ppmは0.0001%

【参考】金属澱物中の白金及びパラジウムの含有率(平成26年度実績)
  ・白金:0.1ppm未満
  ・パラジウム:0.5ppm
   ※白金、パラジウム等は、含有率が低いため買取り対象外

○金属澱物の搬出実績
年 度 25 26 27
金属澱物搬出量(トン) 130 238 109
評価試験清算金(千円) - 21,439 12,742

〔備考〕

1 金属澱物搬出量は、搬出時(水分を含む状態)の重量
2 評価試験清算金は、製錬会社の買取り価格から運搬費や保管費などの必要経費を差し引いて生じた利益を
 運営業務受託者と折半して得られた組合の収入(税込金額)


ローカルポリシーナビゲーションです。
エコセメント事業 トップ
エコセメント事業の概要
エコセメント事業の目的
エコセメントの製造工程
エコセメント事業の経緯
エコセメント製品の認証制度実施要領
エコセメント製品の利用手引き
環境への配慮
金属産物等の回収
金属澱物の有効活用
優良防火対象物認定について
エコタローについて
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ